医師紹介

Doctor introduction

院長

Director

ごあいさつ

 西多賀眼科医院のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。
 この度、西多賀眼科医院を継承させて頂きました針谷春菜(はりやはるな)と申します。
 私は開業医である父や祖父の姿を見て育ち、自然と医療の世界に憧れを抱きました。宮城県第一女子高等学校(現・宮城第一高等学校)を卒業後、岩手医科大学医学部へ進学し、卒業後は東北大学眼科学教室に入局致しました。その後仙台医療センター眼科で勤務させて頂き、小児神経眼科ご専門であられる野呂充先生のご指導の下、一般眼科の他、斜視や弱視をはじめとした様々な小児の患者様も診察させて頂きました。また、脳神経外科・脳神経内科の患者様が多い病院で、神経眼科の症例も多数経験させて頂きました。
 いずれは父や祖父のように地域医療に貢献したいと考えておりましたところ、前院長本田真理先生から当院継承のお話を頂戴致しました。微力ではございますが、本田先生が30年以上続けてこられた地域に密着した医療を引き継ぎ、地域の皆様の目の健康を守るかかりつけ医として信頼を寄せて頂けるようこれから精一杯尽力して参ります。
 皆様の目のさまざまなお悩みに丁寧に対応して参りますので、どんな些細な事でもご相談頂ければと存じます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
西多賀眼科医院 院長 針谷 春菜

略歴

  • 2006年 岩手医科大学医学部卒業
  • 2008年 東北大学眼科学教室入局
  • 2009年 仙台医療センター眼科
  • 2020年 西多賀眼科医院院長

資格

  • 日本眼科学会認定眼科専門医

所属学会

  • 日本眼科学会

医師

Doctor

ごあいさつ

 手術や外来診療のサポートをしております非常勤医師の針谷威寛(はりやたけひろ)と申します。
 現在は東北大学病院に勤務しており、ドライアイ、結膜炎、翼状片といった角結膜疾患、白内障を代表とする水晶体疾患、網膜血管閉塞や網膜剥離、ぶどう膜炎を代表とする網膜ぶどう膜疾患などを専門として幅広く診療にあたっております。東北大学病院の角膜ドライアイ外来(毎週木曜日)を担当し、角膜移植、羊膜移植などオキュラーサーフェスと言われる眼表面の手術も担当しております。前述のように、院長は仙台医療センターで小児斜視、神経眼科という分野を主に学んできました。お互いに足りないところを補いながら、患者様に幅広く、安心した医療を提供することを目指しております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 
西多賀眼科医院 非常勤医師 針谷 威寛

略歴

  • 2006年    岩手医科大学医学部卒業
  • 同年   北海道大学病院初期研修医
  • 2008年    東北大学眼科学教室入局
  • 2010年    東北労災病院眼科
  • 2017年    東北大学医学系研究科博士課程大学院修了
  • 同年   東北大学病院眼科助教

賞与

  • 2013年 宮城県眼科学会 学術奨励賞

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本角膜学会
  • 日本角膜移植学会
  • 日本眼感染症学会
  • 日本眼炎症学会

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 羊膜移植認定医

主要論文

  1. Yoshida M, Hosogai M, Yokokura S, Sato K, Hariya T, Kobayashi W, Okabe T, Todokoro D, Nakazawa T. Bilateral Necrotizing Herpes Simplex Keratitis in an Immunocompetent Patient with Genetic Analysis of Herpes Simplex Virus 1. Cornea. 2019 Sep;38(9):1185-1188. doi: 10.1097/ICO.0000000000002026.
     
  2. Yoshida M, Hariya T, Yokokura S, Maruyama K, Sato K, Sugita S, Tomaru Y, Shimizu N, Nakazawa T. Diagnosing superinfection keratitis with multiplex polymerase chain reaction. J Infect Chemother. 2018 Dec;24(12):1004-1008. doi: 10.1016/j.jiac.2018.06.012. Epub 2018 Jul 11.
     
  3. Hariya T, Maruyama K, Sugita S, Takahashi M, Yokokura S, Sato K, Tomaru Y, Shimizu N, Nakazawa T. Multiplex polymerase chain reaction for pathogen detection in donor/recipient corneal transplant tissue and donor storage solution. Sci Rep. 2017 Jul 20;7(1):5973. doi: 10.1038/s41598-017-06344-3.
     
  4. Yokokura S, Hariya T, Kobayashi W, Meguro Y, Nishida K, Nakazawa T. Twenty-nine-gauge dual-chandelier retroillumination for the non-open-sky continuous curvilinear capsulorhexis in the penetrating keratoplasty triple procedure. J Cataract Refract Surg. 2017 Mar;43(3):305-308. doi: 10.1016/j.jcrs.2017.02.004.
     
  5. Nakayama H, Tada A, Hariya T, Asano T, Nakazawa T, Sato H. Indices of Visual Improvement after Conservative Treatment for Branch Retinal Vein Occlusion with Macular Edema. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2017 Feb;121(2):130-7. Japanese.
     
  6. 2.Hariya T, Tanaka Y, Yokokura S, Nakazawa T. Transparent, resilient human amniotic membrane laminates for corneal transplantation. Biomaterials. 2016 Sep;101:76-85. doi: 10.1016/j.biomaterials.2016.05.038. Epub 2016 May 27.
     
  7. 3.Asano T, Hariya T, Kanazawa H, Nakazawa T, Sato H. Clinical Research of Factors Influencing Visual Outcomes in Patients with Hemorrhagic Retinal Arterial Macroaneurysms. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2015 Jun;119(6):387-94. Japanese.
     
  8. 4.Kobayashi W, Yokokura S, Hariya T, Nakazawa T. Two percent ethylenediaminetetraacetic acid chelation treatment for band-shaped keratopathy, without blunt scratching after removal of the corneal epithelium. Clin Ophthalmol. 2015 Feb 2;9:217-23. doi: 10.2147/OPTH.S75938. eCollection 2015.
     
  9. 5.Yokokura S, Hariya T, Uematsu M, Meguro Y, Kobayashi W, Nishida K, Nakazawa T. Efficacy of chandelier illumination for combined cataract operation and penetrating keratoplasty. Cornea. 2015 Mar;34(3):275-8. doi: 10.1097/ICO.0000000000000319.

ページトップ